不動産業者との交渉術〜賃貸物件を賢く決める〜

なかなか値下げの交渉がうまくいかないような時でも、相手が焦っていてもこちらも同調しないようにしましょう。

不動産業者との交渉術〜賃貸物件を賢く決める〜

焦る気持ちを抑えて交渉しよう

家賃のことが気になっている時には、思い切ってもう少し安くならないかどうか、不動産会社の担当者に尋ねてみることができるかもしれません。
例えば、収入についても入居審査の際に年収を伝えることになるのですから、収入の範囲が限られているということは最初から伝えておいても恥ずかしく思う必要はないのです。
賃貸住宅を探す時には、限られた予算でどのように良い物件を見つけるかという問題が常につきまとうといえます。
得する情報を探していても、何かしら問題が発生することもあるでしょう。
例えば、入居審査にパスできないという状況も起こりうるものと考えておきましょう。
安く借りたいと思っても、大家さんが値下げの交渉に応じてくれないこともあります。
しかし、最初から値下げが無理だと考えて交渉を控える必要はありません。
交渉次第で数千円ほど下がることもあります。
例えば、空気が悪い場所の物件であれば、窓を開けて換気することができないといったデメリットを取り上げて、もう少し家賃が安くならないかということを尋ねてみましょう。
この値段になれば今すぐに決めるといった大胆な発言をすれば、相手側も値下げに応じることがあるかもしれません。
相手を怒らせるつもりはないとしても、相手が必死になっている時にはこちらもついつい口調がきつくなることがあるでしょう。
こちらの焦る気持ちを抑えながら交渉するのがコツだといえます。
不動産関係の世界で交渉力をアップさせましょう。

Copyright (C)2017不動産業者との交渉術〜賃貸物件を賢く決める〜.All rights reserved.