不動産業者との交渉術〜賃貸物件を賢く決める〜

新しく他の賃貸住宅の物件を見つけたような場合には、今までの部屋の解除通知をすることを速やかに行いましょう。

不動産業者との交渉術〜賃貸物件を賢く決める〜

解除通知はお早めに

今までに住んでいた家から別の物件へと引っ越すことを決めた時には、どのようなタイミングで今の家の関係者に通知したら良いのだろうかと考えることがあるかもしれません。
できるならば、引越しの日が決まった時に速やかに管理会社であったり大家さんなどに知らせるようにすることです。
それはそれほど簡単なことではないかもしれません。
しかし、少しの勇気を振り絞ってきちんと契約解除の意向を知らせるようにしましょう。
連絡が遅れるともっと厄介なことになってしまうかもしれません。
例えば、10月中には引っ越すことが決まったとしたら、それよりも一ヶ月以上前から、退去することについて不動産会社に知らせておく必要があるかもしれません。
9月の後半や10月に入ってからそのことを伝えても、引越し後の11月分の家賃をダブルで支払わなければならなくなるかもしれません。
余分な出費にならないためにも、引越しの日程をすぐに計画して、解除の手続きを行うようにしみて下さい。
今までは実家暮らしだったものの、初めて自分で賃貸住宅を借りて生活することもあるでしょう。
実家での暮らしが居心地が良かったと感じても、戻ることを考えるよりもどのようにこれから先の賃貸住宅の暮らしを充実したものにできるかを真剣に考えましょう。
毎月の家賃の支払いと、税金関係の支払い、車の維持費や食費、また健康に関係した費用、美容関係の費用など、出費はすべて記録しておくと良いでしょう。

Copyright (C)2017不動産業者との交渉術〜賃貸物件を賢く決める〜.All rights reserved.